読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

【レビュー】Negicco "Rice & Snow" ~その後①~

スポンサーリンク

f:id:highconsciousness:20150227003221j:plain

前回は、Negiccoのセカンドアルバム「Rice & Snow」のレビューを書いてみたが、本記事では筆者がNegiccoについて、楽曲以外のことを書いていこうと思う。文体も変わる。

 

その日は突然訪れた!

まあ、もともと「アイドル」ってジャンルは別に嫌いではないんですよ。テレビで可愛いアイドルが歌い踊ってれば食いつくし、ももクロファンの兄もいるし。ただまあ他にも聴きたい音楽はたくさんあっただけ。年末年始は15年ぶりに新作出したD'Angeloで一杯一杯だったのよ。だから、光のシュプールがオリコン5位になったっていうニュースも、数ある音楽ニュースの一つにすぎなかったのさ。

 でもyoutubeで聴いた、光のシュプールは確かに良い曲だったし、ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル、通称タマフルでも宇多丸師匠が褒めていたのも聞いて、気になってたの。

さらに、私事だと、学部4年の僕はラスボスであるSOTSURONをやっつけなくちゃならなくて、結構精神的に参っていて、どこかでアイドルを求めていたのかもしれない。

そんなときに、Negiccoがアルバム出すっていうから、まあ買ってみるか、ベストアルバムもファーストアルバムも買ってなかったしな、っていう。そんなノリだったんですよ。

しかもちょうどいいことに研究室の先生が、アルバムの発売週に海外出張で不在だったから、少し自由に時間が使えて。

よし、だったらタワレコ渋谷のリリイベに行ってやるか。

そんな軽いノリでした。でしたんですヨ…

で、一応、参加券がなくなってたらアレだなあと思って(この時点で行く気マンマンでしたね)、1/25の午前中のお店に行って確保。整理番号も50番台と、まあまあいい数字。一旦大学に行って夕方再び渋谷へ。並んでいると、周りは古くからのファンらしき人ばかりで。

ああ~部外者感はんぱねえなあ。来るの間違ってたかなあ~とか思いながら、ちゃっかり前から3列目を確保していた(笑)。

そして18時半にイベント開始。渋谷のタワレコ地下1階だから多分キャパは300人くらいでしょうか、満員でした。youtubeのライブ映像で聴いたことのある登場曲が流れだすと、会場が歓声に包まれて…

セットリストはこれね。

M1 光のシュプール

M2 1000%の片想い

M3 BLUE, GREEN, RED AND GONE

M4 トリプル!WONDERLAND

M5 さよならMUSIC

いきなり光のシュプールが聴けるわドラムンベースがかっちょいいM3が聴けるわ、N・e・g・i・c・c・o!の掛け声がチョー楽しいM4が聴けるわ…

最高でした。ははは。

そしてNegiccoの3人が可愛い‼やっぱりね、アイドルを間近で生で見てしまうともう駄目ね。

んで、ミニライブ終了後のチェキ&ハイタッチ会。

前の方にいた古参のファンたちはメンバーと楽しげな会話をしているのを眺めていると、自分の番になったとき、僕はどーしたらいーんだろーと思ってたんだけど、

メンバーの人が(今となっては誰だった定かでない)、

「ハイ!ネギポーズ!」

って言ってくれて助かった。その後のハイタッチしている間、僕は「ありがとうございます」と言うことしかできなかった。

 

この日は21時半から「南波一海のアイドル三十六房」もあったから適当に時間をつぶして再びタワレコへ。

イベントはDJ Meguのプレイからスタート。Negiccoの曲以外はほとんどわからんかったけど、EspeciaのMount Upが流れたときはアガった。

トークの内容は、この日に限定発売したオリジナルカクテルの話とか、最近恋バナが多いとか、そんな話ばかりで、アルバムの話については、アートワークの小道具の話くらいでした。楽曲については

曲は良い

で片づけられてた(笑)。イベント時にも言われていたが、インタビューで楽曲の話ではなくてそれぞれのキャラクターを知りたいと思わせるのは、それはNegiccoがスターである証だと。その通りだ。

最後にもう一度「光のシュプール」を披露してこの日のイベントは全て終了。見事に私のハートは彼女たちに射止められてしまったのだった。

この話、まだ少しだけ続くのでまた改めて書きます。