読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

【レビュー】コクヨの手帳、Pat-miは使えるのか

Stationery Stationery-Diary
スポンサーリンク
そろそろ来年の手帳が気になる季節です。私は、ここ何年か色々な手帳を試してみたのですが、どれもイマイチしっくり来るものに出会えていません。私が手帳に求めるものは以下の通りです。
 
・軽くてかさばらない
・月間ブロックは必要
・週間についてはレフトでもバーティカルでも
・ペンが収納できればなお良い

 

 

軽くてかさばらない

これは大事です。出来るだけ荷物は増やしたくないので。モレスキンやほぼ日手帳はこの点でアウトです。モレスキンは一時期使用していましたが、やはり重いのでやめました。ほぼ日手帳については、そもそも1日1ページというのが不必要です。

 

月間ブロックは必要
これは必須ですね。月の中でのペース配分を結構大事にしているので、1ヶ月を見通せるように。モレスキンには、ソフトカバーのものには別冊で月間カレンダーが付属していますが、モレスキンでソフトカバーというのはちょっと…ね。

 

週間については、レフトでもバーティカルでも
これはどちらでも良いです。レフト式の場合は右ページの自由欄を活用できます。バーティカルなら、1日の中の時間軸を意識できるのが嬉しいです。どちらもそれぞれのメリットがあるので、それに合わせて使います。

 

ペンが収納できればなお良い
最近は筆箱を持ち歩く事がなくなったので、出来ればペン差しが付いていると良いですね。

 

今は、スマホでGoogleカレンダーをメインで使用し、必要に応じてミドリのフラットダイアリーのA5サイズを使っています。スマホを出しづらい状況もあるので、紙の手帳は必須なのです。

 

そんな中、来年の手帳候補の1つに挙げたいのがKOKUYOから発売されたPat-miという手帳。(私は使ったことのない)ジブン手帳で知られる佐久間英彰氏のプロデュースにより生まれた手帳。この手帳の最大の特徴は、月間ブロックと週間バーティカルを同時に見る事ができること。A5サイズで、縦に開くタイプになっていて、めくると次の週のバーティカルが現れる仕組みです。綴じ方は写真を見た方が分かりやすいのでご覧ください。

f:id:highconsciousness:20150905120453j:image
f:id:highconsciousness:20150905120652j:image
上にめくると次の週が現れ、前の週の月間ブロックが見えなくなります。


f:id:highconsciousness:20150905120948j:image
構造はこんな感じです。
 
そしてこれ、1ヶ月ごとの分冊になっているんです。付属のファイルに最大2冊まで挟んで携帯することができます。つまり薄い。現在私が使用しているフラットダイアリーと比べると、こちらの方が薄いです。1か月分なので当たり前ですけど。ファイルにはクリップが付いていてこれに挟むのですが、クリップは少し強め、2冊挟む場合は写真のように薄い部分どうしを挟むと良いようです。

f:id:highconsciousness:20150905121110j:image
ファイルには年間スケジュールもついています。
f:id:highconsciousness:20150905121204j:image
クリップはちょっとキツめ。
 
値段が税抜き5000円ということで、少々高めの設定になっていますが、月間と週間が同時に見られる手帳はまだそこまで種類がないので、是非候補に入れてもらえると良いと思います。
コクヨ Pat-mi 2016年 手帳 A5 ホルダー付 レッド A5 ニ-PHC1R-16

コクヨ Pat-mi 2016年 手帳 A5 ホルダー付 レッド A5 ニ-PHC1R-16