読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

【レビュー】着る布団&エアーマットを買ったのでレビューします!

スポンサーリンク

私は修士課程の学生で、現在某研究室に所属しています。研究室生活を送っていると、泊まりで作業することもしばしば。仮眠をとる時、今までは椅子の上に寝転がっていたのですが寝心地が悪い。そして、季節的にもどんどん涼しくなってきて、夜は寒いです。

で、どうしようかなあと考えていたときに見つけたのが、キングジムが販売している「着る布団&エアーマット」です。寝袋と、空気を入れて使うマットレスがセットになった商品で、文房具メーカーらしく、パッケージはA4ファイルサイズとなっております。

 

f:id:highconsciousness:20151024182439j:image

A4ファイル等と並べて収納できます

f:id:highconsciousness:20151023235510j:plain

箱の中には寝袋本体とエアーマット、手動式のポンプが入っています

 

寝袋は広げるとこんな感じです。「着る布団」とは、手足の自由がきくため歩けるということだったんですね!手足と頭が隠れないという欠点はありますが、トイレに立つ時などにいちいち脱いで寒い思いをしなくて済むのは良いかも。

f:id:highconsciousness:20151023235606j:plain

付属のエアーマットに空気を入れて寝るとこんな感じです。これ、17時頃大学構内で通行人がいるなかで撮ってもらいました。人通りの少ない場所を選んだけど、少し恥ずかしかったです。肝心の寝心地は普通です。マットのサイズも大きく、身長170㎝の私はしっかり体を伸ばすことができました。

f:id:highconsciousness:20151023235621j:plain

大学構内で寝転がってみた図

 

こんな風に、快適な仮眠をとることできたのですが、一つ大きな欠点が。それは、エアーマットの扱いづらさ!まず空気を入れるのが面倒です。付属の手動ポンプを使うと、すこーしずつしか空気が入っていかないのでめっちゃ疲れます。私の場合、研究室に電動のコンプレッサーがあったのでそれで入れました。そして抜くときも同様です。空気を完全に抜くのが困難です。抜けないとどう困るかというと、もとの箱に入りません。この辺がちょっと詰めが甘いかなあと感じる点です。

しかし、着たまま動ける寝袋としての機能性は優れているので、使い勝手は良いです。メーカー側も、災害等の緊急時に使うものとして売り出しているので、エアーマットが常用するには不便である点も仕方がないところです。寝袋自体はコンパクトにたためるので場所をとることはないので、私のようにたまに泊まることがある人にオススメできます。

 

 

同じくキングジムから発売されている 非常食や簡易トイレ、マスクなどがA4ファイルサイズに収まった製品です