読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

NEGI祭2015忘年会 @りゅーとぴあ

スポンサーリンク

Negicco納めはりゅーとぴあのコンサートホールで行われたNEGI祭2015忘年会。Negiccoのファンになって1年弱。1年間で3回も新潟に行くことになるなんて、自分でも驚きです。
 

 

16時に開演。はっぴ姿のNegiccoの三人がステージに現れて、餅つきが始まりました。杵がネギ仕様というこだわり。Naoちゃんが台本を追えていなくて、いきなりNegiccoらしいグダグダトークで幕開け。3人は、サトウ食品のおかげでNegiccoを知ってもらえる機会が増えたと、感謝の言葉を口にしていました。そしていよいよライブのスタート。

 
トップバッターはNona Reeves。Negiccoとは共演歴がありますが、私が観るのは初めて。「(音楽性に関しては)Nona Reevesがconnieに寄せているのではなくて、connieさんがNona Reevesのことを研究している。今日はこれだけをはっきりさせておきたくて。何が言いたいかっていうと、Negiccoが好きなら俺たちのことも好きだってこと。」的なことをおっしゃる西寺郷太。一緒に歌わせる曲の多いセットリストで、会場があっという間に暖まりました。中盤では「Negiccoにプロデュースで関わった曲があって、今からそれをやろうと思います、聴いてください、『アイドルばかり聴かないで』!」というギャグからの「ときめきのヘッドライナー」。茶番のお陰で3人分の「準備は良いかー!」聞けました。「メモリーズ~ひと夏の記憶~」は、以前新潟でライブをしたときにconnieさんがサインを求めた盤に収録されていた曲だそうです。最後は「HIPPOPOTAMUS」というミッドチューンで締め。
 
続いては田島貴男。ギター一本、一人で会場を沸かせるのはさすが。Negiccoと田島貴男のファン層というのは結構かぶっているのでしょうか、終始シングアロングな感じで盛り上がっている中年のお客さんが私の周りに何人かいらっしゃいました。「ウイスキーがお好きでしょ」をしっとりと歌い上げた後、本邦初公開だと言って演奏を始めた曲は「クリームソーダLOVE」。Naoちゃんによる詩は田島貴男にはちょっとミスマッチで、サビの部分では会場から笑い声が漏れていました。特に最後の「きゅん」のところ。「君は 私のこと どれくらい好き?」のところは「次の歌詞は私が歌うと支障が出ますので、皆さんに任せます」と回避していました。お次は「光のシュプール」。まずは田島貴男が一節歌ったあとNegiccoが登場。ギターのシンプルな伴奏で歌うシュプールは3人のハーモニーがより際立っていました。
 
最後はいよいよNegicco。「自由に」でスタート。最近は、ぽんちゃが振り付けをレクチャーしてくれるので、観客もいっしょに踊れてより一層楽しめます。歌詞のブリッジのところは「おもちもちもち」「新潟最高」「自慢しよう」でした。「パーティーについて。」のとき、〝場違いの2人は 乾杯して”のところでNaoちゃんが、杯を受けるしぐさをして「おっとっと」って言ってたのが可愛かったです。「愛のタワー・オブ・ラヴ」、本家による「クリームソーダLove」と続いた後、バラードコーナー。
 
長谷泰宏のピアノ伴奏で「For a long time」。原曲は4つ打ちハウスですが、しっとりと歌われると、こう歌うべくしてつくられた曲のようにも思えてきますし、続く「恋のEXPRESSTRAIN」も大人なラブソングに生まれ変わりました。「おやすみ」に関しては泣きました。ストリングスとホーン隊、ピアノの重厚なアレンジ。どこぞのボーカルグループだよ、まったく。そして、とうとう解禁された「カナールの窓辺」も最高でございました。
 
後半戦はたたみかけるような定番曲ラッシュ。正直このルーティンはライブハウスで散々観てきたので食傷気味で、わざわざコンサートホールで観るものではないかなあ、というのは個人的な意見。会場は最高に盛り上がるので楽しいは楽しいんですけどね。Negiccoのライブに行って「トリプル~」も「さよなら~」もやらないなんてあり得ませんし。
 
アンコールはNegiccoとNona Reeves、田島貴男、そしてホーン隊による「接吻」でスタート。本家を目の前にしながら、Negiccoの3人も見事に歌いこなしていました。セカンドツアーでセトリに加えても全然問題ないと思いました。というか入れてください。大団円は「サンシャイン日本海」でした。野音の再現。出演者全員のソウルパワーをたっぷり見せつけられました。
 
3時間半を超える忘年会。こんな豪華な宴を新潟で味わえて幸せでした。会場がコンサートホールというのがまた味わい深いです。今年はライブに通う回数がグッと増えましたが、やはりライブハウスが苦手なのは変わらないので、バラードを席に着いてじっくり聴けるのは良いです。音響も良いし。結局スピーカーからも音は出ていましたが、ストリングスの響きが身を震わせるので感動しました。観客のコールもばっちり反響するんですけどね。
 
というわけでこれでライブ収め。今週はとうとうアイドルネッサンスに浮気してしまったわけですが、やはり私の中でNegiccoは別格。流石に今年、特に後半はイベントに行き過ぎたので少し回数は減ると思いますが、来年も引き続き応援して参ります。
 
セットリスト
[NONA REEVES]
1. LOVE TOGETHER
2. 夢の恋人
3. DJ! DJ!~とどかぬ想い~
4. ときめきのヘッドライナー (with Negicco)
5. ラヴ・アライヴ
6. メモリーズ ~ひと夏の記憶~
7. HIPPOPOTAMUS
 
[田島貴男]
1. Winter's Tale
2. 月の裏で会いましょう
3. ラヴァーマン
4. ウイスキーが、お好きでしょ
5. クリームソーダLove
6. 光のシュプール (with Negicco)
7. 朝日のあたる道
8. フリーライド
 
[Negicco]
1. 自由に
2. パーティーについて。
3. 愛のタワー・オブ・ラヴ
4. クリームソーダLove
5. For a long time
6. 恋のEXPRESS TRAIN
7. おやすみ
8. カナールの窓辺
9. 圧倒的なスタイル
10.ネガティヴ・ガールズ!
11.さよならMusic
12.トリプル!WONDERLAND
13.ねぇバーディア
enc.
1. 接吻
2. サンシャイン日本海
 

www.youtube.com

Nona Reevesの「LOVE ALIVE」です。「Yeahこの蕎麦へぎじゃないがそうだネギ洗い加茂!」はこの曲のオマージュですね。

 

www.youtube.com

「接吻」。またNegiccoが歌うのを聴きたいです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ラヴ・アライヴ

ラヴ・アライヴ

  • アーティスト: NONA REEVES,宇多丸,いしわたり淳治,西寺郷太,佐々木士郎,矢野博康
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る
 

 

変身

変身

  • アーティスト: オリジナル・ラブ,田島貴男,小西康陽,木原龍太郎
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1999/03/17
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 38回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 

 

圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.-(完全生産限定盤)

圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.-(完全生産限定盤)