読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

【レビュー】Anker PowerPort Speed 5はPowerCore Speed 10000と相性抜群!

Gadget Gadget-Others
スポンサーリンク

Amazonのセールなんてものは、安いからといって要らないものを買って得した気分になるイベントだと思っているから、ほとんど利用することはない。例えば私は最近パソコンの購入を考えていたから、セール品を狙っても良かった。けれど細かいスペックがガッチリ要望に合わなければ、結局は損。

しかし今回のAnkerが実施したセールに関しては、欲しいものが通常より安価で手に入ると感じたので迷わずポチった。それがUSB充電器「Anker PowerPort Speed 5」とモバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」、そして「Anker PowerLine Micro USBケーブル」3点セット。順に紹介していく。

Anker PowerPort Speed 5

良いところ

まず1つ目は充電器。これは5つの機器を一度に充電できる優れもので、特に私が魅力に思うのは以下の3点。 

  • コイル鳴きがない。
  • 電源プラグが独立している。
  • Quick Charge 3.0 (クイックチャージ 3.0)に対応。 
コイル鳴きがない。

まずコイル鳴きについて。安価な充電器ではコンセントにつなぐと「ジー」とか「キーン」といった音が鳴る事がある。これをコイル鳴きと言って、結構うるさい。通販で適当なものを買わなければ問題ないというわけではなく、家電量販店で売っているものでもコイル鳴きが発生する製品がある。かく言う私も何年か前に購入したアダプターでこの症状がみられた経験がある。この問題の厄介なところは、使ってみないと分からないという事。なので、この類の製品はユーザーのレビューを頼りにしている。

本製品にはコイル鳴きの症状は一切なく、安心して使える。こんな事は最低限満たしていて欲しいものだが、粗悪品も世に溢れているから仕方がない。

電源プラグが独立している。

要は収納式でないということ。持ち運んで使う場合は電源コードが別々だと荷物が増えて厄介だが、自宅で使用する分には気にする必要がない。むしろ、電源タップを使用している場合、隣のコンセントと干渉してしまうため使い勝手が悪い。その点、この製品は収納式ではないからこういった心配をしなくて済む。

 

Quick Charge 3.0 (クイックチャージ 3.0)に対応。

本製品はQuick Charge 3.0に対応している。その為、対応機種を充電する時に恩恵を受ける事ができる。またまだ対応機種は多くないが、Xperia XZとかGalaxy S7、Zenfone 3なんかは対応している。ちなみに、私が所有しているスマートファンはXperia Z3で、これはQuick Chargeに対応しているものの、バージョンは1つ前の2.0。なのでこの恩恵をフルに受けることはできないが、多少は早く充電できる。

なお、クイックチャージに対応しているのは5個のうちの上2つである。(右はモバイルバッテリー)

 

5つも同時に使用することはあるのか。

本製品を購入するのにあたり気になるのは5つも同時に使用することなんてあるのであろうか、ということ。もちろんガジェット好きであれば5個だって足りないくらいだろう。私はそこまでガジェットヲタクというわけではないが、常用しているのは以下の機器たち。 

  • スマートフォン(Xperia Z3)
  • iPad mini (初代)
  • ウェアラブルデバイス(Smartband Talk)
  • Bluetooth イヤホン(SoundPEATS Q12)
  • Bluetooth キーボード(Microsoft Universal Mobile Keyboard)
  • iPod nano (第5世代)
  • ミラーレス一眼レフカメラ(Sony α6000)

ざっと7点挙がったが、これらのうち毎日充電するのはスマートフォンとイヤホンくらい。その他は平均すると週に1~2度の充電で済むし、そのタイミングもそれぞれバラバラ。だから、同時に5機は必要ない。あったとしてもあんまりやりたくない。なぜなら下のようになるから(笑)

しかし、「スマホとイヤホンとスマートウォッチとiPodの4つ同時」というのは十分有り得る。そこで、さらに1つ余裕のある本製品を選んだ。

 

Anker PowerCore Speed 10000 QC

続いてはモバイルバッテリー。これまで私はMaxellのモバイルバッテリーを使用していた。4年前くらいに購入したもので、容量は2800mAhだった。当時使用していたスマートフォンはバッテリー容量が小さいものだったから、これで1回分のフル充電が可能だった。しかし、機種変更によりスマホのバッテリー容量が増えたこと、そして使用するガジェット類も増えたのに伴って、大容量のモバイルバッテリーの導入を検討していた。

そこで目を付けたのが本製品。10000mAhというのはiPhone 7を3回以上充電することが可能な容量であるから、1泊の出張や旅行の時にも対応できるだろう(もちろん宿などで電源は確保できるだろうが)。

この製品の特徴はQuick Charge 3.0に対応している点。モバイルバッテリーを使用するシチュエーションというと、出先でスマホの充電が切れてしまったときが最も多いだろう。だから、できるだけ充電時間は短いほうが良い。前述したように対応機種は限られているが、非対応の製品よりも充電時間を短縮できる。

Anker PowerLine Micro USBケーブル

これは正直セールでなければ買っていなかったかも。ガジェットを買うと大抵充電ケーブルは付属しているから必要ないといえばなかったのだけれど、予備で何本かあったら良いかな、と。家電量販店で何も考えずに買うと充電にしか対応していないものをつかまされる可能性もある。それに高いし。0.9mのMicro USBケーブル3本を1000円程度で買えるのは安い。

一応、魅力としてはケブラー繊維で補強されているということが挙げられる。しかし、これは長時間使ってみて初めて分かるところ。耐久性については何かの折にこのブログでそのうち書いてみようと思う。

 

さいごに

というわけで、今回のサイバーマンデーのセールで唯一購入したのがこれらだった。普段の価格よりも2000円安く買えたから良かった。この手の製品は安かろう悪かろうでもとりあえず使えれば何とかなる。しかし、そこを少しだけお金をかけるとかなり快適になるから、検討してみると良いかも。