読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

毎回変わる振り付けが可愛かった!Negicco「愛、かましたいの」リリースイベントで感じたこと

スポンサーリンク

2016/12/20に発売となったNegiccoの新曲「愛、かましたいの」のリリースイベントが全日程終了したので、思うところを書いていきます。

 

かえぽ欠席の4日間

正直これは痛かった。前作「矛盾、はじめました。」ではメンバーがバタバタと倒れて、最終的にMeguさん一人になったわけで。私自身は「メンバーが欠けてピンチ!」ていうシチュエーションはこのときが初めてだったので、その「ストーリー」に乗っかって予定よりもCDを積んだりもしました。

ですが、これは一回やれば十分。特に、個人的には新曲「愛、かましたいの」はKaedeさんのための曲だと思っているので、ミニライブでたくさん聞きたかったです。12月のこの時期にリリースイベントをやるということで、食物の差し入れを断るなどの対策はしていた点は評価できるのですが。

また、新曲以外にもKaedeさんのハモリパートあってこその楽曲が多いのでもったいなかったなあ。不可抗力な部分もあるので仕方がない事とはいえ残念。

 

SNSを有効活用するようになった運営

「今更!」っていう感じなんですけどこれが良かった。一番良かったのはセットリストを流してくれたこと。今までは、ファンの方が呟いているのを拝借したり、自分でメモして控えたりしていたのですけど、運営が発信してくれるのが一番。

新しくファンになった人、特に通りすがりで「お、この曲良いな。なんて曲だろう。」と思った人は、パフォーマンスしていた楽曲の曲名が簡単に分かれば円盤を買ってくれる可能性が高くなると思うんです。後で家で調べて、オフィシャルアカウントのツイートから曲が判明するのは、新曲以外も手に取ってもらえる機会を逃さなくて済むと思うので良いと思います。

今回は「#愛かまリリイベ_セットリスト」というハッシュタグをつけて、そしてファンにとってはうれしい、「誰が組んだセトリなのか」を併せて呟いてくれて(ですよね)、感謝です。

 

ファンにとってうれしいといえば、新曲「愛、かましたいの」のフックのときの振り付けが毎回異なるのも面白かったですね。しかも、それもツイッターに上げてくれて、在宅ファンも楽しませてくれました。下にざっと載せておきますね。

 

気になるオリコンの「精査」はどうなる?

 

今回も一応「週間10位以内」を目標にしていたようですが、2016年9月から集計方法が変更になり、イベント会場等での複数枚買いがカウントされないようになっているといわれています。

 

オリコン集計方法が変わったらしい。アイドルは生き残れるのか。 - 意識高い系のブログ

 

これにより、そもそもシングル曲を円盤でリリースしないとか、CDの予約票を形態ごとに分けるとか、各アイドルがそれぞれの対応をしています。

Negiccoにとってチャート最上位だった「光のシュプール」以降のシングルチャートの推移は以下の通り。「愛、かましたいの」は随時更新していきます。

 

 光のシュプールねぇバーディア矛盾、はじめました。愛、かましたいの
1 (8991枚) 1 (7908枚) 2 (6661枚) 1 (3647枚)
22 16 15 18
6 13 10 21
10 11 9 18
6 6 5 13
7 4 15 36
4 7 7  6
週間 5 7 8  14

 

比較すればわかる通り、発売初日(フラゲ日)のデイリーチャートの売り上げ枚数は前作よりも大きく下回っています。

「どうせ精査されるから」というファンの心理が働いたのもあると思うのですが、「精査」に対して特に対策をしていないNegiccoは、初日以降のチャートアクションは振るわない結果になっています。トップ10入りは厳しいでしょうね。

週間ランキングがどうなるのか、そして今後、シングル曲の扱いはどうなるのか、注目していきたいです。

 

※2016/12/27更新

速報によると、Negiccoは14位だったようです。デイリーチャートをみると、前作よりも芳しくなかったので予想通りではあったのですが、残念です。

東名阪+新潟ツアーの発表

リリースイベント最終日、青海のMEGA WEBにて、2017年春からライブハウスツアーが開催されることが発表されました。

2016年に敢行されたツアーは新潟県内と、ネギの産地を回るという、Negiccoらしいけれど半面、地元の方以外は参加しづらいツアーだと感じた方も一定数いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は新潟LOTSを皮切りに、名古屋と大阪、そして東京(Zepp DiverCity)という押さえるべきところを押さえた王道なツアーなので、全通も狙えるのではないでしょうか。日程次第ですけど。

 

日時開催地ところ
2017/3/25 (土) 新潟 NIIGATA LOTS (700人)
2017/4/2 (日) 名古屋 Electlic Lady Land
2017/4/22 (土) 大阪 味園ユニバース
2017/4/28 (金) 東京 Zepp DiverCity (2500人)

 

まとめ

メンバーの病欠、オリコンの仕組みの変更など不安なトピックのある新曲リリースとなりました。今回、イベントの開催をほぼ東京に絞ったということで、売り上げ枚数を稼ぎたいという狙いは感じられますし、SNSを有効活用してはいたものの(ぶっ飛ばさなくて良かった!)、肝心の枚数カウント対策に関してはちょっと詰めが甘かったのかなあ、と感じました。

特に、リリイベ初日の社長さんの「よくわかんないけど、いろんなところで一枚づつ買えばいいんじゃない?」的な発言はちょっといい加減だなあと思ったり。オリコンチャート上位を狙うのであれば、もう少し工夫の仕方があったんじゃないかなあと、最後は少し辛めに締めてみました。あ、ツアーは楽しみですよ。