意識高い系のブログ

Negiccoにハマった人のブログ。Negiccoその他アイドル、文房具など色々書きたい。

【レビュー】UR12とCubasis LEでDTM

スポンサーリンク
iPad用のDAWアプリであるCubasisの無料版である「Cubasis LE」がリリースされていたのでインストールしてみました。これはiPad単体ではただのデモ曲再生アプリなのですが、指定のオーディオインターフェースと接続するとリミットが解除されて、簡易版Cubasisとして使用できるというもの。我が家にはDTM挫折の象徴としてUR12が鎮座しているので、早速試してみることにしました。

 

UR12

UR12は2in2outのオーディオインターフェイスです。姉妹製品では一つ上にUR22 mkⅡというのがありますが、それと劣る点はステレオ入力には対応していないこと。 コンボジャックではないのでマイクとギター、という使い方が主な使い方になるのでしょう。あとは、UR12の出力端子がRCAピンジャックなのに対してUR22のそれはTRSフォンです。また、MIDI端子がついているのもUR22のみ。共通する特徴として、電源を外部から取れば、iPadやiPhoneでも使えることが挙げられます。あと、ループバック機能が付いているので、PCから流すBGMとマイクで収録される音声をミックスして出力する事ができるのでニコ生に使えるらしいです。
 

Cubasis LE

先に書いたようにCubasis LEは、対応ハードウェアと接続することで制限が解除され、以降は簡易版のCubasisとして使えるアプリ。アプリ自体は無料です。具体的に何ができるかというと、
 
最大トラック数: 4 オーディオトラック / 4 MIDI トラック
最大同時入出力数: 2 チャンネル入力 / ステレオ出力
32-bit 浮動小数点オーディオエンジン
オーディオ入出力解像度: 16-bit / 44.1 kHz
iOS 32 / 64-bit 対応(デバイスに依存)
25プリセットサウンドを含むバーチャル音源 MicroSonic
4種類のエフェクトを搭載したミキサー
バーチャルキーボード
オーディオ編集を行うサンプルエディター、MIDI 編集を行うキーエディター
Cubase で読み込み可能なプロジェクト書き出し機能 *
Core Audio / Core MIDI デバイス対応
iTunes ライブラリからオーディオの読み込み対応
オーディオミックスダウン / MIDI 書き出し可能
アプリ内課金にて Cubasis(フル機能版)の機能を有効化できます
 
必要最低限の機能に絞られている感じです。
Cubasis LE - Mobile Music Production Application

Cubasis LE - Mobile Music Production Application

  • Steinberg Media Technologies GmbH
  • ミュージック
  • 無料

 

接続方法

接続方法は簡単です。まずは給電のためのACアダプターかモバイルバッテリーを用意してUR12に繋ぎます。次にLightning - USBカメラアダプタを用いてiPadとUR12をつなぐだけです。

右側はiPadへ、左側をUSBアダプターやモバイルバッテリーに接続します

つなぐとこんな感じになります

 

すると下のような画面が出てCubasis LEの制限が解除されます。一度つないでしまえばあとはiPad単体でも使えます。

 

使い方

動画を参考にギターを録音したりソフトウェアシンセをいじったり、道端で飛び跳ねたりして使ってください。個人的に残念なのはInter-App Audioに対応していないこと。要は、ほかのシンセアプリの音を録音できないんですよね。なのでCubaseを使っていない人はGarageBandで十分でしょう。

www.youtube.com

 

まとめ

DTMやる人、特にボーカルやギターを録音する人以外には関係のない話ですね。なんとか使い道を考えたいんですけど出来ることというと、あとはハイレゾ再生くらいですかね。というわけで次回はiPadでハイレゾ再生ってのをやってみたいと思います。